第1回「地元の自慢をとくと見よ」写真・絵画コンテストでは、300件の応募をいただき審査員による厳正な審査の結果17個の作品を選ばせていただきました。

写真部門
絵画部門

写真部門

神戸市長賞(大賞)

氏名:小林駿平
作品名:この街で生きていく
作品アピール:撮影地は東京の吉祥寺です。生まれて初めて一人暮らしをした街であり、今ではすっかり地元となった大好きな街。この街に住んでいると人の暖かさを感じることがとても多くて、夕飯を分けてもらったり、お買い得な商品を教えてもらったりと、寂しさを吹き飛ばしてくれるような街です。そしてこの街をこの撮影地から見下ろしたときに見える家々の明かりは、暖かい希望の光のようにも見え、この街の本当の魅力とは、「人」なのだと実感します。

神戸市教育委員会賞(最優秀賞)

氏名:米道晴哉
作品名:その一刀にかける
作品アピール:富山県、南砺市(なんとし)では「井波(いなみ)彫刻」が有名です。250年以上 の伝統と200本以上のノミ、彫刻刀を駆使する高度な技術を使い、日本遺産に認定されています。欄間、仏像、置物、装飾品など数多くの技術が現代に受け継がれています。撮影においては、職人さんの気迫と木を削るゴリゴリという音が部屋中に響いていました。やり直しの効かない一刀一刀に感動しました。

(公財)兵庫県芸術文化協会賞(優秀賞)

氏名:田口 貴浩
作品名:伝承と白
作品アピール:私の地元、和歌山県有田川町にある棚田「あらぎ島」の写真です。国の重要文化的景観にも指定されているこの景色は、「あらぎ島」の周りを流れる川のように、江戸時代からの長い間、受け継がれてきました。自然の景色だけではなく、農家の方がつないできた歴史を感じ、これぞ日本の象徴だと思います。夏の緑が有名な「あらぎ島」ですが、今回は雪が積もった冬の白い「あらぎ島」を自慢させていただきます。あがらの自慢見てみてや!

(公財)兵庫県芸術文化協会賞(優秀賞)

氏名:岩崎一也
作品名:豊漁
作品アピール:環境保護に取り組み続けた結果、三月には「しろうお」が毎年遡上します。地域の風物詩となっています。

(公財)神戸市民文化振興財団賞

サンテレビ賞

団体名:静岡県立袋井高等学校写真部
作品名:Message from Fukuroi
作品アピール:この写真は静岡県袋井市のライトアッププロジェクトとして市内にある遠州三山のひとつ、法多山尊永寺の写真です。色づく紅葉のなかいつもと違った地域。生まれ育ち刻々と変化する中、いつも変わらない風景がそこにはありました。Message from Fukuroi.感じてください!

佳作

氏名:浅野 健仁
作品名:大漁祈願 航海安全~出船送り~
作品アピール:漁業の街、気仙沼市の夏の風物詩大型さんま漁船の出船送り。船員の家族やその船に関わる多くのひとが、この場所で手を大きく振り乗組員の操業の安全と大漁を願う。これから長い船上での生活を乗り越えて笑顔で母港に戻ってくることと、なにより、残る家族のため、漁師としての意地と船員たちとの絆が繋がる瞬間の一枚。

氏名:加藤 磨依
作品名:千変万化
作品アピール:田舎で木だらけの町の中に隠されている地元民しか見られない美しい景色がたくさんあります!

氏名:高橋 小都
作品名:雪国の夜明け
作品アピール:北海道の冬の寒さは厳しいものです。特に夜明け前は凍てつく寒さです。そんな冬の日の早朝に東の空が赤く染まり、人の心と体にじんわりと暖かさを与えます。白樺の木をシルエットとして悴む手を温め温めシャッターを切りました。

絵画部門

神戸市教育委員会賞(最優秀賞)

氏名:張 敏
作品名:第二故郷
作品アピール:たくさんの人にとって、福山市の鞆の浦は、「崖の上のポニョ」のロケ地です。わたしにとっては、第二故郷です。初めて日本に来た時、そこに3年過ごしました、もちろん日本の最初の印象です。日没を見て、海の歌を聞いて、絵を描くことが最高です。院に進むために大阪に引っ越ししましたが、ストレスがある時、たまに気分転換したい時、鞆の浦に戻ります。まるでわたしの故郷みたい。中国を出身するわたしにとっては永遠の第二故郷です。

(公財)兵庫県芸術文化協会賞(優秀賞)

氏名:柘植 雅一
作品名:夕日のきれいな港町
作品アピール:ここは小さい頃から見ている、昔から変わらない港の景色。夕涼みをしたいときや心を落ち着かせたい時などに足が向かいます。ふら~と散歩してきれいな夕日を見ているだけで心が癒される、特別の場所です。

氏名:藤原 龍生
作品名:神戸レトロ散歩
作品アピール:神戸といえば港というイメージが強く、そこから魚をモチーフにしようと思いました。また神戸の街を歩いて、その景色を魚と重ね合わせて描いてみました。

MKT.com賞

氏名:上原 梨花
作品名:天空の花畑
作品アピール:「あわじ花さじき」に広がる美しい「天空の花畑」を描きました。サルビア、空、海の織りなす美しいコントラストを、ぜひ感じてください。

サンテレビ賞

団体名:京都市立山科中学校美術部 戸浦家
作品名:豊かな自然 人々の笑顔 虹が架かる笑顔の町
作品アピール:モザイクアートをモデルにした、私たちの町「山科」は名前に山がつくほど山が広がっています。このたくさんの自然を黄色や緑を使い表現しました。今回描いた虹は非常に珍しく二重になっています。これから先、もっともっときれいな虹が山科にかかりますように。

佳作